哲塗装

静岡県浜松市の塗装リフォーム 哲塗装。屋根、防水、外壁など塗装のことなら哲塗装にお任せください。

HOME»  施工の流れ

施工の流れ

クラック補修

 

ここでは実際の施工の流れをご紹介します。
今回は壁のクラック補修のため、塗り替えをしました。

 

施工の流れ

クラック部マスキング

クラック部分にマスキングを施します。

 

クラック部マスキング

 

 

クラック部シール打ち

クラック部にシールを打ちます。

 

クラック部シール打ち

 

 

養生

他の部分に塗料がつかないよう、養生します。

 

養生

 

 

ダメ込み

ローラーでは難しい部分に刷毛でダメ込みをしていきます。塗装の職人はきれいにダメ込みができて初めて一人前と呼ばれます。

 

ダメ込み

 

 

下塗り

下塗りをします。

 

下塗り

 

 

上塗り

一度だけでは終わりません、下塗りが乾いたらもう一度塗ります。
仕上げにかかわる部分なので、いっそう丁寧に縫っていきます。

 

上塗り

 

 

クラック部完了

これできれいに補修が完了しました。

 

クラック部完了

 

 

完成・お引渡し

塗り替えが完了し、お客様に引渡ししました。
笑顔の御施主様と一緒に記念撮影しました。

 

完成・お引渡し